2017年04月05日

平成29年NST専門療法士受験資格への特例措置と暫定認定歯科医申請制度の1年延長について




                        平成29年4月
一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会
会員(歯科医師職)各位

                    理事長 東口 髙志

  平成29年 NST専門療法士受験資格への特例措置と
    暫定認定歯科医申請制度の1年延長について

さて、今年2月の社員総会にて、認定歯科医制度の設立が承認されました。
本会の歯科医師認定は、原則、同制度へ統一していくことになります。

一方で専門療法士受験を目指しておられた歯科医師の方から
認定歯科医制度への申請は、NST専門療法士の申請条件と異なる点も多く
移行期の特例措置の設置について、多数のご要望をいただきました。

理事会では、本年の制度の移行において、申請者の不利益にならないよう
対処することで全会一致し、下記の対応を決定しました。
              記
1)歯科医師職の方は、平成29年は、NST専門療法士、認定歯科医
 (暫定条件を満たしている歯科医師は暫定認定歯科医申請)
 のいずれかの受験を認める。
2)暫定認定歯科医申請は平成30年まで1年間延長する。
 (平成29年試験合格者は平成30年に暫定認定歯科医申請を行う。)

                             以上

新制度の発足・移行によりご不便をおかけいたしますが、
本制度にご理解をいただき、今後の学会の発展のためご協力賜ります
ようお願い申し上げます。

【本件問合せ先】
一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会 事務局
〒105-0012 東京都港区芝大門1-16-3 芝大門116ビル3階B
TEL:03-5777-2314|FAX:03-3434-0567

トップへ戻る