2017年03月07日

第12回LLLライブコース受講募集期間を延長しました(~3月9日18時まで)




JSPEN 第12回LLLライブコース・参加者募集

LLLライブコースの受付を開始いたしました。
2017年度はLLLライブコースが2回開催となり、今回がその第1回目です。

日  時:2017年3月19日(日)・20日(月)
場  所:昭和大学(旗の台キャンパス) 4号館 401号・402号教室
     http://www.showa-u.ac.jp/about_us/campus/hatanodai.html
受講申込:Peatix(イベント管理サービス ウェブサイト)を利用し募集します。
     http://peatix.com/event/223171 からお申し込みください。
     なお、利用にはPeatixへの会員登録が必要となります。
募集期間:2017年3月9日(木)18:00まで延長しました
定  員:各コース定員60名 (各コースとも定員に達した時点で、受付を締切ります)

3月19日 8:30-12:30
Topic 9 Approach to Parenteral Nutrition
Topic 23 Nutrition in Obesity

3月19日 13:30-17:30
Topic 8 Approach to Oral and Enteral Nutrition in Adults
Topic 17 Nutritional Support in the Perioperative Period

3月20日 8:30-12:30
Topic 3 Nutritional Assessment and Techniques
Topic 18 Nutrition in ICU 

3 月20日 13:30-17:30
Topic 4 Nutritional Requirements in Children
Topic 25 Nutritional Support in Neurological Diseases     

 
講師:小山諭・田部井功
講師:谷口正哲・石川敦子
 
 
講師:佐々木雅也・望月弘彦
講師:森直治・谷口英喜
 
 
講師:桂長門・西岡心大
講師:福島亮治・櫻井洋一
 
 
講師:米倉竹夫・高増哲也
講師:三原千惠・土師誠二

受講条件:以下の①②両方に該当する方
① 医療従事者(医師、メディカルスタッフ)
② ESPEN-LLLのアカウント(取得はwebで、資格は不要です)をお持ちの方
 受講申し込み時にLLLのアカウントIDと登録したメールアドレスの記載が必要です。
 アカウント未取得・記載漏れの場合、creditの取得は出来ません。
注:LLLアカウント取得の際にはメールアドレスの登録が必要です。アカウント情報の管理はメールアドレスを基準にしていますので、登録後のアドレス変更は困難です。可能な限り、勤務先でなく個人用アドレスでの登録をお願いします。アカウントの取得はESPEN-LLLのホームページ(http://lllnutrition.com/)をご覧ください。

受講料:JSPENなど、各国のPEN societyの会員の方は会員価格で受講できます。
    (JSPEN等会員/非会員)
1コース (6,000円/10,000円)
2コース (11,000円/18,000円)
3コース (15,000円/25,000円)
4コース (18,000円/30,000円)
※一度振込まれた受講料は、理由の如何を問わず返金いたしません。

構成:コースは講義・症例検討・testで構成され、所要時間は4時間です。
提示されるスライド・testとも全て英文です。配布資料(テキスト)はありませんが、講義内容はon-line courseに基づきますので、受講前にon-line courseでの予習(特に各moduleのself-test)を充分されることをお勧めします。

LLLとは:ESPEN(ヨーロッパ臨床栄養・代謝学会)の展開するLLL教育プログラムは、臨床栄養の基礎から高度な内容までを含む、優れた教育システムです。39のトピックで構成され、基本はweb上でのe-ラーニングであるon-line courseです。教育の強化のため、ヨーロッパでは年に数回の講習会(live course)が開催されています。それぞれのコースには試験があり、合格すると所定のcredit(単位)を得ることができます(Live courseではさらにdiploma(修了証)が与えられます)。100 creditを集積すると最終試験が受験でき、合格するとESPEN-diploma が得られます。

詳細はESPEN-LLL Programme (http://lllnutrition.com/)を御参照ください。

国際委員会

トップへ戻る