Annals of Nutrition and Metabolism



平成28年10月吉日

一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会
会員各位

理事長 東口 髙志
編集委員長 佐々木雅也

 このたび、本学会は、医学系出版社KARGER(カルガー)社*(本社スイスバーゼル)発行の国際誌ジャーナル:ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM を英文誌のオフィシャルジャーナルとして提携することに決定いたしました。

ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM は、主だった書誌サービスにIndex 済みであり、既にインパクトファクター(最新IF値 2.6)が付与されています。
栄養学の研究論文を発表する場として世界に認知される高品質の英文誌です。

  1. Online Journal へのアクセス権について
    http://www.karger.com/Journal/Home/223977
    学会員であれば、会員専用ページから無料でANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM にアクセスができ、過去5年のバックファイルを含むジャーナルコンテンツが閲覧できます。
  2. Editorial Board Memberの就任について
    本誌のEditorial Board Memberとして5名の先生が就任されました。会員の皆様の積極的な投稿をお待ちいたしております。
    ・木村 理先生(山形大学)
    ・鈴木 裕先生(国際医療福祉大学病院)
    ・佐々木雅也先生(滋賀医科大学附属病院)
    ・鍋谷圭宏先生(千葉県がんセンター)
    ・比企直樹先生(がん研究会有明病院)
  3. JSPENの英文誌の展望について
    学会独自の企画として、執筆を考えているが、英文での投稿はハードルが高いという会員の方々のために、有料オプションとして、日本語での論文投稿もできるようにカルガー社の特約翻訳会社による英文化・投稿支援も検討中です。
    また、次世代を担う若手医師の先生方、管理栄養士、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、および歯科衛生士などの医療従事者の方には、「国際誌に投稿するための英文論文をどのように執筆するか」「国際学会での英文abstractやポスターの書き方」などのワークショップも企画しております。
    以上、ご案内致します。

*KARGER社について

  1. 2015年に創立125周年を迎え、年間に冊子・電子版購読誌とオープンアクセス(OA)誌合計で100誌、また叢書やモノグラフを50冊出版している。
  2. 国際ジャーナル:ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISMは、1959年創刊し、Medline, PubMed等の主だった書誌サービスに全てIndex されている。Journal Citation Reports® 2014によるIF値は2.6であった。
  3. ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISMは、現在下記学会のオフィシャルジャーナルとなっています。
    ・International Union of Nutritional Science (IUNS)
    ・Federation of European Nutrition Societies (FENS)
    ・European Nutraceutical Association (ENA)
    ・German Society of Nutrition (DGE)

以 上

 

Annals of Nutrition and Metabolism 投稿規程

日本語版投稿規定
英語版:https://www.karger.com/Journal/Guidelines/223977
1.投稿について
英語で書かれた原稿のみが選考の対象となります。
原稿は下記のオンライン投稿システムを利用し投稿してください。
Online Manuscript Submission:https://mc.manuscriptcentral.com/anm

2.投稿に関する問い合せ先について
E-mail:ANM@med.uni-muenchen.de

Professor Berthold Koletzko, Dr med Dr med habil (MD PhD)
Div. Metabolic and Nutritional Medicine
Dr. von Hauner Children’s Hospital
Ludwig-Maximilians University of Munich
Lindwurmstr. 4
D-80337 Munich (Germany)
Tel.+49 (0)89 5160 2826 | Fax.+49 (0)89 5160 7742

3.投稿に際しての資格・条件について

  1. 投稿原稿はすべて編集委員による審査によって採否を決定します。
  2. 同時期に他の出版物の選考対象となっていないことを大前提として、投稿原稿を受け付けます。
  3. 著作権は、論文が本誌へ受理された時点で、著者から出版社に移ることになります。この点に合意の上で、原稿の投稿をお願いいたします。受理された論文はAnnals of Nutrition and Metabolismに恒久的に帰属し、出版社の書面による同意なしに、論文の全部または一部を、いかなる形態によっても、複製・複写することはできません。
  4. 本誌に投稿する原稿の中で、他の出版物に掲載されているイラストや表などを転載する際には、掲載元の著作権者に、著者ご自身で転載許諾を得てください。

4.原稿の種類について
本誌には次の種別の原稿を掲載します。

  1. 原著論文(Original Papers):
    Full-length(縮約されていない)研究論文。臨床研究を扱ったものが対象となります。基礎研究や実験的研究は、臨床的な問題に直接関連する場合にのみ掲載されます。(最大3,000語)
  2. 綿密な文献調査を基にした特定分野の総説およびシステマティック・レビュー(Review Articles/Systematic Reviews):
    抄録(Abstract)は、背景(Background)要旨(Summary)主要メッセージ(Key Messages)のセクションに分けてください。(最大4,000語)
  3. 評価・意見(Commentaries and Viewpoint):
    通常使う見出しなどは不要で、要約も必要ありません。ごく短い参考文献リストであれば、含めることは可能です。(最大500語)
  4. 短報(Meeting Reports):
    予め投稿前に、関心が寄せられる内容であるかどうかを、編集者へお問い合わせください。(最大1,500語)
  5. 本誌掲載論文についてのご意見等(Letters to the Editor):
    本誌で議論された問題への臨床的観点からのご意見がございましたら、編集者宛てにレターをお送りください。なお、編集者は、議論の対象となる論文の著者に同じ号で反論する機会を与えるために、本誌が出版される前にそのレターの写しを論文の著者に送る場合があります。(最大500語)
  6. 依頼(Editorials):
    通常、編集者が執筆を依頼します(最大1,000語)。ご提案を編集者までお送りください。

5.利益相反について
著者は研究に関連する資金援助または、資金調達についてすべてを開示することが義務付けられています。
すべての著者は、いかなる潜在的利益相反も開示しなければなりません。利益相反についての開示は掲載論文の末尾に記載しておりますので、必ずご参照ください。

6.倫理に関する方針について

  1. 投稿原稿で扱われている研究は、ヒトを対象とする研究のガイドラインや動物愛護に関する規制を必ず遵守したものでなければなりません。
  2. 著者は、被験者からインフォームド・コンセントの提出を受けての研究に関する手順が、所属研究機関のヒトを対象とする倫理委員会によって承認されている必要があります。また、動物実験の場合には、研究機関の基準に準じて行われたことも必ず言明してください。

7.剽窃に関する方針について

  1. 故意であるかどうかに関わらず、剽窃は深刻な侵害行為です。
  2. 本誌では、剽窃を、他の研究論文との類似性が25%以上で、且つ適切な引用表示がなされていない場合と定義しています。
  3. 論文が査読中または受理後あるいは出版後でも、剽窃とみなされる証拠が見つかった場合、著者には反証の機会が与えられます。満足の行く結果に話し合いが終わらない場合には、投稿原稿は取り下げられ、著者は、編集者の決める一定期間は本誌への論文投稿はできません。

8.論文の構成について

  1. タイトルページ(Title page):
    論文の最初のページには、論文タイトル、著者氏名、研究が実施された研究機関、欄外見出しに使用する短い論文タイトルを記載してください。
  2. 注意点(NB):
    PubMedでは補助記号が無視されてしまうため、補助記号の音的価値を保持したい著者は、投稿原稿に記載する名前を必ず音に合わせた綴りにする必要があります。(例:MüllerはMuellerと綴る。)
  3. 連絡先(Full address):
    連絡著者(corresponding author)の正確な住所(郵便番号を含む)をタイトルページの末尾に必ず記載してください。また、電話とファックス番号、emailアドレスも記載してください。
  4. キーワード(Key words):
    論文の内容を反映する3-10個のキーワードを英語で記載してください。
  5. Reviewsの抄録(Abstract of Reviews):
    Reviewsの抄録(Abstract)は、背景(Background)要旨(Summary)主要メッセージ(Key Messages)のサブセクションに分けて記載してください。背景には、臨床的状況について短く記載し、それに続く要旨には、本文で扱う主要トピックを簡潔に記述してください。主要メッセージでは、主となる結論を要約してください。
  6. 抄録(Abstract):
    原稿種別(Original Papers)は200語以内の抄録が必要です。
    次のような構成となります。
    Background/Aims:背景・目的—研究を思い立った主な理由は?
    Methods:方法—どのように研究が行われたのか?
    Results:結果—最も重要な発見とは?
    Conclusions:結論—最も重要な結論とは?
  7. 脚注(Footnotes):
    脚注は用いないでください。
  8. 表と図(Tables and illustrations):
    表は本文の一部に含まれます。表は本文の末尾に配置してください。図のデータは1点ずつ別のファイルに保存し、本文中には挿入しないでください。電子投稿する図は、白黒のハーフトーンおよびカラーの場合はサイズ調整をした後の最終解像度が300 dpi、線画の場合は800~1,200 dpiでなければなりません。

9.カラーの図について
オンライン版:電子投稿されたカラーの図のオンライン版は無料で作成されますが、印刷版(プリント版)では白黒で作成されます。そのため、本文および図の説明文の中で図の色に言及するような記述は避けてください。

10.印刷版について
1ページあたり960スイス・フラン(約100,000円:レートにより変動)で6色印刷までできます。

11.参考文献について

  1. 本文中の引用箇所には、文献番号をアラビア数字で四角括弧[ ]で括り、該当箇所に書き入れてください。
  2. 投稿中で、まだ受理されていない文献の場合は、‘unpublished data’(未出版データ)と本文中に記載し、参考文献欄には含めないでください。
  3. 参考文献欄には、本文中に引用した文献のみを記載します。
  4. 参考文献は、アルファベット順ではなく、本文で初めて言及した順番で番号を振り付けてください。
  5. 著者の姓に続いて名前(およびミドルネーム)のイニシャルを記載します。
  6. 複数の著者を分けるためのカンマ以外は、句読点を使用しないでください。できれば、すべての著者名を記載してください。
  7. 雑誌名はIndex Medicusに基づいた省略形を用いてください。
  8. 国際医学雑誌編集者委員会(International Committee of Medical Journal Editors)による「生医学雑誌への投稿のための統一規定」(www.icmje.org)に準じてください。

    【記載例】
    (a)定期刊行物に出版された論文:
    Higashiguchi T, Hasselgren PO, Wagner K, Fischer JE:Effect of glutamine on protein synthesis in isolated intestinal epithelial cells.JPEN J Parenter Enteral Nutr. 1993 Jul;17(4):307-14.

    (b)電子ジャーナル出版されDOI番号が付与された論文:
    Takaoka A, Sasaki M, Kurihara K, Iwakawa H, Inoue M, Bamba S, Ban H, Andoh A, Miyazaki Y : Comparison of energy metabolism and nutritional stasus of hospitalized patients with Crohn’s disease and those with ulcerative colitis. J Clin Biochem Nutr 56:208-214, 2015 doi: 10.3164/jcbn.14-95

    (c)単行書:
    Matthews DE, Farewell VT: Using and Understanding Medical Statistics, ed 3, revised. Basel, Karger, 1996.

    (d)編集書:
    DuBois RN: Cyclooxygenase-2 and colorectal cancer; in Dannenberg AJ, Dubois RN (eds): COX-2. Prog Exp Tum Res. Basel, Karger, 2003, vol 37, pp 124–137.

12.参考文献管理ソフトウェアについて
本文中の引用と参考文献欄の管理とフォーマッティングを簡易にするため、EndNoteの使用を推奨します。

13.デジタルオブジェクト識別子(Digital Object Identifier:DOI)について
S. Karger Publishersは、論文固有の識別子としてDOIをサポートしています。各論文のタイトルページにはDOI番号が記載されます。DOI番号は、巻数や号数などの情報なしに、オンライン上で論文を特定し、引用する際に非常に有用となります。より詳しい情報については、www.doi.orgをご覧ください。

14.補足資料について

  1. 必ずしも必要不可欠ではないものの、論文の結論に直接関連するマルチメディア・ファイルやその他の補足資料は、オンライン版の出版物の付加価値を高め、ウェブ上での認知度が上がります。
  2. これらのファイルも編集者による審査があります。編集者の判断によって、補足資料が扱う範囲や資料の長さが制限される場合があります。
  3. マルチメディア・ファイルおよびその他の補足資料は、更なる修正や編集が不要な、出版に適した質的基準を満たしたものとします。また、ファイルサイズは10MB以下です。
  4. 図と表には、タイトルとレジェンド(説明)を付けてください。ファイルはそれぞれに分かりやすく、ファイル名をつけてください。
  5. すべての補足資料は本文中に言及される必要があります。補足資料にはDOI番号が割り当てられ、CC BYライセンスの下、https://karger.figshare.comにオンラインでホストされます。
  6. 著者は、補足資料のプロセッシング手数料250スイス・フラン(約26,000円:レートにより変動)をご負担いただきます。

15.Self-Archiving/Green Open Accessについて
Karger社は、Preprint(ピアレビュー前の草稿)または、Postprint(ピアレビュー後に受理され、掲載のための制作段階に入る前の著者原稿)を著者または著者の所属機関のウェブサイトに掲載することを許可しています。さらに、論文の最終版が出版されてから12か月が経過した後は、著者は受理された著者原稿を公的なOpen Accessのレポジトリや学術的ネットワーク(例えば、ResearchGateまたはMendelev)に掲載することができます。Self-Archivingするときには、掲載される著者原稿は以下の条件を必ず満たす必要があります:
•非商業目的のみに使われる
•www.karger.comに掲載された最終版へのリンクを貼る
•以下の文章を記載する:
‘This is the peer-reviewed but unedited manuscript version of the following article: [ここに引用情報を省略せずにすべて記載。例: Cytogenet Genome Res 2014;142:227–238 (DOI: 10.1159/000361001)]. The final, published version is available at http://www.karger.com/?doi=[ここにDOI numberを記載].’

・次の要件を満たすことは、著者の責任においてなされなければなりません。
初めにオンライン上で公表され、DOI番号だけが付与された論文に関しては、最終版が出版された後直ちに、著者は詳細な引用情報を必ず追加してください。引用が該当論文に確実に帰属するためには、追加情報が重要です。

・資金調達のための条件として、PubMed Centralに掲載しなければならない原稿については、著者に代わって、KargerがPubMed Centralに原稿を投稿します[資金支援機関(例:NIH)の情報をご参照ください]。

・Gold Open Accessに該当するAuthor’s ChoiceTMでのSelf-Archivingについては、Author’s ChoiceTM の情報をご参照ください。

16.Author’s ChoiceTMについて

  1. Karger社のAuthor’s ChoiceTMサービスは、論文が閲覧される可能性を大きく高めます。世界中のどなたでもwww.karger.comに無料でアクセスし、論文を読み、ダウンロードし、印刷することができるようになります。このオプションサービスの利用にあっては、初回のみ3,000スイス・フラン(約315,000円:レートにより変動)がかかります。他に料金は発生しませんので、助成金等でのお支払いにもお勧めします。本サービスについてもっと詳しくお知りになりたい方はwww.karger.com/authors_choiceをご覧ください。
  2. 出版された最終版の論文は、Creative Commons licenseに従い、あらゆるレポジトリ、またはウェブサイトに、いつでも転載することができます。

    転載されたOpen Access論文は以下の条件を必ず満たす必要があります:
    •Creative Commons licenseの規定に従う。
    •www.karger.comに掲載された最終版へのリンクを貼る。
    •以下の文章を記載する:
    ‘The final, published version of this article is available at
    http://www.karger.com/?doi=[ここ にDOI numberを記載].’

  3. 次の要件を満たすことは、著者の責任においてなされなければなりません。
    初めにオンライン上で公表され、DOI番号だけが付与された論文に関しては、最終版が出版された後直ちに、詳細な引用情報を必ず追加してください。引用が該当論文に確実に帰属するためには、追加情報が重要です。

17.資金支援機関(NIHなど)について

  1. アメリカ国立衛生研究所(NIH)のパブリック・アクセスに関する方針に基づき、受理されたピアレビュー論文は、公式な出版日の12か月以内に、NIHのデジタル・データベースであるPubMed Central (PMC)に転載しなければなりません。
  2. Karger社は著者へのサービスとして、著者に代わって、NIHから資金を受けて作成された論文を出版後直ちに、PMCに投稿します。約1か月で、NIHによって論文にPMCIDが割り当てられ、12か月の公開猶予期間(embargo)を経て、原稿はPMCで公開されます。
  3. Author’s ChoiceTMを通じて論文をOpen Accessにした著者の場合は、この公開猶予期間が無効となるため、論文への読者閲覧アクセスはより早期に可能となります。
  4. Karger社は、PMCへの投稿に関する他の資金支援者(Wellcome TrustとRCUKを含む)の要請にも対応します。著者は論文の謝辞(Acknowledgements)に、助成金についての情報を記載してください。

18.掲載料(Page Charges)について
印刷ページ(表、図、参考文献を含む)については、3ページ以下は無料です。4ページ目からは、全体に埋まったページでも、空きが多いページでも、1ページ追加ごとに325.00スイス・フラン(約34,000円/頁:レートにより変動)が著者に課せられます。およその目安として、一論文あたり、草稿の枚数に換算すると約10枚分(表、図、参考文献を含む)となります。

19.校正刷り(Proofs)について

  1. 著者から特に指示がない限り、校正刷りは第一著者に送付されます。
  2. 著者は原稿を確認後、可能な限り早急に返却しなければなりません。
  3. 校正刷りの段階での変更は、印刷業者の誤植訂正以外は著者に費用が課せられます。

20.別刷り(Reprints)について
校正刷りと一緒に注文書と価格表が送付されます。論文が掲載された号が印刷された後に追加発注されたものに関しては、価格は割高となることがありますので、ご留意ください。

トップへ戻る