第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会

演題募集

利益相反(COI)状態の申告について

一般社団法人日本静脈経腸栄養学会は、本学会会員などの利益相反(Conflict of Interest,COIと略す)状態を適正にマネージメントするために、「臨床研究の利益相反(COI)に関する共通指針」を策定しました。

近年、国内外において多くの医学系の施設や学術団体は臨床研究の公正・公平さの維持、学会発表での透明性かつ社会的信頼性を保持しつつ産学連携による臨床研究の適正な推進を図るために、臨床研究にかかる利益相反指針を策定しており、適切なCOIマネージメントによって正当な研究成果を社会へ還元するための努力を重ねています。本指針は、当学会においても会員ならびに学会関係者などに本学会事業での発表などで利益相反状態にあるスポンサーとの経済的な関係を一定要件のもとに開示させることにより会員などの利益相反状態を適正にマネージメントし、社会に対する説明責任を果たすために策定したものです。


詳細は一般社団法人日本静脈経腸栄養学会のホームページ 「利益相反(COI)


<利益相反(COI)に関するお問合せ>
一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 事務局
〒105-0012 東京都港区芝大門1-16-3 芝大門116ビル3 階B
TEL:03-5777-2314 FAX:03-3434-0567


今回の演題発表に際して、

申告すべき利益相反(COI)がない筆頭演者 ⇒

演題発表時のみご申告ください。

申告すべき利益相反(COI)がある筆頭演者 ⇒

過去1年(2016年1月1日〜12月31日)のCOI状態を演題応募時と演題発表時の二度にわたりにご申告ください。

演題発表時の申告方法

(申告すべき利益相反(COI)がない場合、ある場合どちらの場合もご申告が必要です。)

筆頭演者は、下記の該当するCOI状態について発表時にご申告ください。


口演発表者

発表スライドの最初(または演題・発表者などを紹介するスライドの次)に挿入してください。


ポスター発表者

ポスターパネルの最後に貼付してください。


公募演題の採否は、11月13日までに演題登録時のメールアドレスにお送りさせていただきました。
お知らせが届いていない場合は、
迷惑メールフォルダ(メールサーバーあるいはメールソフト)に入っている可能性があります。
「演題採否のお知らせ【第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会】」が届いていない場合は、下記に採択演題一覧を掲載させていただきましたので、そちらからご確認ください。


▶ 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 採択演題一覧 (2017年11月24日時点)

演題番号の記号について
・S→シンポジウム(発表のみ(壇上での総合討論なし・質疑応答あり))
・Y→要望演題
・O→一般演題(口演)
・P→一般演題
・F→フェローシップ応募者セッション

採否通知のメールについて
ご登録時にご入力いただいたメールアドレスの誤入力や迷惑メールフィルターの設定の関係上、採否の通知メールが届かない場合がございます。採択演題メールが受け取れていない方は、上記の一覧をご確認ください。
ご氏名や演題タイトル等に機種依存文字が含まれている場合、送信したメール内容が文字化けして表示される可能性がございます。

演題の採択について
発表形式および選択項目を含め、演題の採否、発表日時、会場等は学術集会会長に一任願います。個別の対応はいたしません。
クリニコYOUNG DOCTORS AWARDおよび NUTRI YOUNG INVESTIGATOR AWARDに応募された方のアワード審査結果は後日、アワード主催者様からご連絡がございます。

ご登録いただいた演題の変更について
ご登録いただいた演題内容の変更はできません。


演題募集期間

2017年6月20日(火)正午~8月1日(火)正午まで

2017年6月20日(火)正午~8月7日(月)17時まで   終了

インターネットによる応募のみといたします。演題募集締切直前は演題登録ページへのアクセスが困難になることが予想されます。十分な時間的余裕をもってご応募ください。 演題募集締切後に、演題の登録・修正・削除の操作は一切できません。



※演題登録がお済みでない方は、このページを最後までお読みの上、のボタンを押し、演題登録を行ってください。

※過去の学術集会の演題登録時に登録された情報は、個人情報保護の点から全て削除しております。
過去の学術集会にて演題登録を行った方も、改めて登録をお願いいたします。

インターネットでの演題登録方法に関するお問合せ

第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 インターネット応募問合せ窓口
株式会社 杏林舍 PCPグループ
対応時間:8:30 ~ 17:30(土日祝日を除く)
お問合せ先メールアドレス:pcp@kyorin.co.jp
お問合せ内容を正確に把握するため、お問合せ方法はメールのみとなっております。

演題応募資格

演題登録は一般社団法人日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)の会員に限ります。未入会の方は、共同演者を含め、演題募集締切日(2017年8月1日(火))までに入会手続きを行ってください。入会方法などにつきましては一般社団法人日本静脈経腸栄養学会ホームページをご覧ください。

※ 入会手続きおよび会費納入状況の確認については、一般社団法人日本静脈経腸栄養学会ホームページをご利用ください。 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会学術事務局・運営事務局では、入会手続きおよび会費納入状況の確認は行っておりません。

※ 演題応募時点で会員でない方は、会員番号「999」と入力し、演題募集締切日(2017年8月1日(火))までに入会手続きを行ってください。入会手続きが完了していない応募演題は、インターネット応募フォームで受け付けていても、プログラム決定時に受け付けいたしませんので、ご注意ください。

演題募集について

1.シンポジウム、一般演題(口演)、一般演題(ポスター)として、静脈経腸栄養に関する臨床的および基礎的研究を募集します。

2.栄養士・管理栄養士部会、薬剤師部会、看護師部会の各企画の公募はいたしません。

3.演題の採否、発表日時、会場等は学術集会会長に一任願います。

4.インターネットによる応募のみといたします。

5.発表形式および選択項目を選択してご応募ください。

※ 一般演題の応募者の中から、シンポジウム等での発表者を選出させていただくことがございます。

※ シンポジウムで不採用になった場合、一般演題として採用させていただくことがございます。一般演題として採用を希望しない場合は、登録時に申告してください。

※ 「クリニコYOUNG DOCTORS AWARD」および「NUTRI YOUNG INVESTIGATOR AWARD」応募者は、演題登録以外に、各アワード事務局に応募用紙を発送してください。

募集テーマ


シンポジウム
1 がん患者に対する栄養療法  
2 肥満、メタボリック、脂肪肝に対する栄養療法  
3 サルコペニア・フレイルの評価とリハビリテーション栄養  
4 腸管機能に注目した栄養療法  
5 運動療法と栄養療法  
6 胃瘻は良い vs 悪い?
7 経口摂取時の誤嚥を防ぐための工夫  
8 シンバイオティクス  
9 糖質ダイエットの功罪  
10 完全静脈栄養管理時の注意点 一部指定。募集あり
11 NSTの連携  
12 高齢者に対する栄養療法  
13 ICU、急性期の栄養療法  
14 炎症性腸疾患に対する栄養療法  
15 医師、看護師、薬剤師への栄養療法普及のために  
一般演題(口演またはポスター)
1がん患者の栄養評価 17周術期の栄養療法 33経腸栄養
2がん治療に対する栄養療法 18ERAS 34脂肪乳剤の使い方
3化学療法時の栄養管理 19認知症に対する栄養 35経口栄養への移行
4創傷治癒 20NST活動 36摂食嚥下障害の評価と栄養療法
5脳血管障害に対する栄養管理 21管理栄養士の病棟配置 37口腔ケア(歯科との連携)
6消化器症状(下痢)に対する対策 22栄養教育 38半固形・ミキサー食
7上部消化管疾患の栄養 23在宅栄養療法 39嚥下調整食
8下部消化管疾患の栄養 24地域連携 40手技
9大腸がん・IBDの栄養 25サルコペニア 41栄養評価法
10短腸症候群 26高齢者の栄養管理 42ビタミン・微量元素
11肝胆膵疾患に対する栄養管理 27肥満の栄養管理 43亜鉛
12小児に対する栄養療法 28refeeding syndrome 44三大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質)
13腎疾患に対する栄養 29褥瘡に対する栄養療法 45抗酸化物質・特殊栄養素
14循環器疾患 30排泄ケアと栄養 46水・電解質
15呼吸器疾患 31感染と栄養 47基礎研究
16救急における栄養 32経静脈栄養

◎フェローシップ賞応募規定

1)応募者は本学会員で、過去5 年間に本会での発表経験を有すること。

2)受賞後2 年以内にA.S.P.E.N.あるいはESPENに出席可能であること。

3)受賞者は、2 年以内にA. S. P. E. N. あるいはESPENへ参加すること。

4)受賞者は、参加するA. S. P. E. N. あるいはESPENへ演題発表の申込みを行うこと。

5)受賞者は、A. S. P. E. N. あるいはESPENに出席後、本学会誌「日本静脈経腸栄養学会雑誌」へ別途定めた形式で学会参加報告記および受賞演題の抄録を投稿すること。

6)一般社団法人日本静脈経腸栄養学会に関連する他の賞への重複応募は認めない。

7)応募研究内容は、最近の研究成績に基づく独創的な内容とし、原著あるいはそれに準ずる(メタ解析など)ものとする。

8)共著者は、実績的に多大な貢献をした者に限り記すこととする。

9)症例報告は対象外とする。

10)フェローシップ賞の発表に際しては、医学研究および医学発表における倫理的問題に関する見解および勧告(平成22 年2月25日)を遵守する。

11)演題募集締切日の時点で年会費を完納していること。


一般社団法人日本静脈経腸栄養学会学術集会での発表歴(上記規定1)および、以下の応募資格の除外事項について、登録時にも確認いただきます。

※フェローシップ賞応募演題として採用されない場合は、一般演題での発表となりますので、予めご了承の上、ご応募ください。


応募資格の除外事項

①一般社団法人日本静脈経腸栄養学会に関連する他の賞への重複応募は認めない。

②本学会の研究助成金受領者、過去に本学会で何らかの受賞歴を有する者は、本賞への応募はできない。

③本賞の審査委員長および審査委員は、申請者(研究代表者)になれない。

④本賞に応募してフェローシップ賞応募者セッションに選出された場合、演者は筆頭演者のみとし共同演者は提示されない。

⑤フェローシップ賞応募者セッションに選出されなかった場合は一般演題に応募することが可能で、その場合は共同演者(審査委員長あるいは審査員も可)が提示される。

⑥本賞への応募は、一人一演題のみとする(同一施設から異なる発表者の応募は可)。

演題登録方法

推奨ブラウザ

本システムはInternet Explorer、Mozilla Firefox、Safariの最新バージョンで動作確認を行っております。 ※Java Scriptの設定を許可するようにしてください。


登録方法

1. 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会で演題を初めて登録する際は、演題登録がお済みでない方ボタンを押してください。
→第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 演題登録サイトが開きます。

2.演者情報、演題情報を登録してください
(1)演者情報
筆頭演者を含む最大15 名までの登録となります。
(2)演題情報
発表形式、選択項目、演題名(全角50 文字以内)、抄録本文(全角800 文字以内)、過去1年間における筆頭演者の利益相反(COI)状態の有無のチェック、パスワード、フェローシップ賞応募希望者のみ応募資格の除外事項同意項目およびJSPEN学術集会発表歴のチェック
※図表は受け付けません。
※抄録本文は、1.目的 2.方法 3.結果 4.考察および結論の順番に記載してください。

3. 入力確認画面にて入力内容を確認後、画面下の登録ボタンを押します。
修正する場合は画面下の戻るボタンを押してください。演題登録画面に戻ります。
※入力確認画面は、プリントアウトしておくことをお勧めいたします。

4. お知らせメールについて
各種お知らせメール(新規登録、登録内容の修正、登録削除等)は登録直後に自動送信メールでお送りしております。
送信元:第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 演題登録サイト
送信元メールアドレス:webmaster@reg.ibmd.jp
ご自身の設定により、迷惑メールと認識されている場合がございます。まず迷惑メールフォルダ(メールサーバーあるいはメールソフト)をご確認ください。
その上で、各種お知らせメールが届いていない場合、登録が完了していない可能性がございます。登録されたと思われる日より2 営業日以内にメールにて上記「インターネット応募問合せ窓口」問合せ先まで登録の有無を必ずご確認ください。


応募についての注意点

・ 登録されたデータは今後プログラム集・抄録アプリなどに掲載されますが、登録されたデータに手を加えず使用されます。

・ 演題登録時は、あらかじめWord等で抄録本文を作成し、「抄録本文」のセルにコピー&ペーストされることをお勧めいたします。

・ WEBブラウザの「戻る」「進む」ボタンは使用しないでください。入力したデータが無効となる可能性がございます。

・ 全角800文字を超えると採択されない可能性があります。採択された場合も、スペース上、オーバー文字分を掲載できません。十分にご注意ください。

・ 「登録データを削除する」を実行しますと、抄録も含めた全ての情報が演題募集システムより削除されます。データの復元などは行えませんので、ご注意ください。

・ 演題登録・修正後の自動送信メールが届かない可能性がございますので、携帯電話のメールアドレスのご使用はご遠慮ください。

・ Gmail等のフリーメールアドレスでご登録された場合、自動送信メールが[迷惑メールフォルダ]に入ってしまう場合がございます。自動的に削除されてしまう前にご確認ください。

・ 登録内容の確認・修正・削除作業時に必要になる、登録IDとパスワードは必ずご自身で保管してください。「インターネット応募問合せ窓口」および学術事務局・運営事務局ではセキュリティを維持するため、この件に関するお問合せには一切応じられませんので、ご注意ください。

・ 演題募集締切日以降の登録、修正は一切受け付けできません。

・ この応募方法では、郵送するものは一切ありません。

・ フェローシップ賞に応募される方は、必ず「フェローシップ賞応募者セッション希望者の確認事項」の項目で、応募資格の除外事項の同意確認およびJSPEN学術集会発表歴の確認を行ってください。

・ 採用された演題の著作権は、一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会に帰属しますのでご了承ください。

個人情報管理に関して

今回お預かりした個人情報は、当学術集会の学術論文発表目的以外での使用はいたしません。運営事務局において、必要なセキュリティ対策を講じ、厳重に管理しております。

演題の採用可否について

第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会会長ならびに学術事務局にて確認後、演題採用の可否等は、運営事務局より電子メールでご連絡いたします。

  • HOME
  • 会長挨拶
  • 開催概要
  • 演題募集
  • プログラム
  • 事前参加登録
  • 宿泊手配
  • 情報交換会
  • 一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会主催セミナー
  • 企業の皆様へ
  • サテライトセミナー
  • スポンサードシンポジウム
  • ランチョンセミナー
  • ハンズオンセミナー
  • 参加者及び発表者へのお知らせ
  • 各種ご案内
  • 会場案内
  • お問い合わせ